不妊治療を徹底ナビ » 悩み解決!不妊治療Q&A! » Q5. 「卵巣機能の数値が低下」は妊娠率に影響しますか?

悩み解決!不妊治療Q&A!

今さら聞けない不妊治療のギモンをまとめました。

不妊治療を考え始めたものの、調べれば調べるほどわからなくなることもすぐなくありません。そこでこちらでは不妊治療の基本から、妊娠しやすい体をつくるポイントまで、妊活に関わるさまざまなギモンを一挙掲載します。

Q.検査で「卵巣機能の数値が低下している」と指摘されたのですが、 私の妊娠率は低いということでしょうか?
ある婦人科で「卵巣機能の数値が低下している」との結果が出ました。AHMという検査を受けえたのですが、1.3という数値です。この数値だと、治療をしても妊娠は難しいということなのでしょうか? 夫は海外赴任中で、最低でもあと1年は帰国しません。妊娠に向けてのアドバイスをお願いします。

AHM1.3ならば、卵巣機能はかなり低下しています。妊娠を望むのであれば、一刻も早く不妊治療を受けるべきでしょう。

卵巣年齢は41歳。早急に治療を始めましょう
卵巣にある原始卵胞の数が減ってくると、AHMは低下します。つまり、加齢とともにAHMは低下してくる、ということです。AHMの数値が約4.0であれば卵巣年齢は30歳、1.5であれば40歳とされています。相談者様は1.3ということなので、実年齢を問わず卵巣年齢は41歳程度と推測します。現実問題、妊娠までに残された時間は多くありません。妊娠を望むのであれば、体外受精などの不妊治療を早急に受けたほうが良いでしょう。
ご主人不在なら精子凍結保存で治療も可能です
ご主人が海外赴任中ということで、帰国の目途は最低でも1年後とのこと。もちろん不妊治療にはパートナーの精子が必要なので、何らかの形でご主人の行動を促さなければなりません。一刻も早い治療が必要な段階なので、一時帰国が可能であれば、ご主人にその旨を伝えてください。一時帰国した際にご主人の精子を凍結保存しておけば、その後ご主人がふたたび海外へ赴いても、奥様の通院だけで不妊治療を続けることができます。
1回の周期で約1,000個の卵子が消費されています
月経がはじまる頃の女性の卵巣には、約20~30万個の卵子がストックされています。これらストックは、月経のたびに消費されます。ところで学校の授業では「毎月1個ずつ排卵される」と習ったと思いますが、実際には毎月約1000個の卵子が消費されていることを覚えておきましょう。1000個の卵子のうち最も力強い卵胞へと成長した卵子が1個だけ排卵される、ということです。換算すれば、1日あたり30~40個の卵子が消費されていることになります。
Pick Up 目的別不妊治療 おすすめ病院はこちら