学校法人 日本医科大学付属病院

不妊に悩む方のサポートに注力

妊娠や出産を希望する女性の身体的不安を改善するべく、不妊治療に力を入れている日本医科大学付属病院。タイミング法・人工授精・体外受精の3つの治療方法をメインに、不妊に悩む方のサポートを行っています。排卵誘発や人工授精などの一般治療から、体外受精や受精卵の凍結保存法といった高度生殖補助技術まで、あらゆる治療に対応。口コミでの評価も高いようです。

日本医科大学付属病院の特徴

  • 1

    体の状態に合わせた治療を提案

    治療はタイミング法からスタートし、効果を見ながらステップアップしていきます

    日本医科大学付属病院は、「タイミング法」「人工授精」「体外受精」による不妊治療を行っています。タイミング法では基礎体温・ホルモン値・排卵の大きさを検査して排卵日を見つけ、性交のタイミングをアドバイス。ホルモン剤を打って、排卵の発育をコントロールするケースもあるそうです。タイミング法がうまくいかなければ、人工授精へステップアップ。人工授精は、子宮頸管の機能が不良なときに有効と言われている治療です。それでもなかなか妊娠に至らない場合は、体外受精を行います。こちらは身体や費用に負担がかかるため、よく話し合ったうえで治療に入るそうです。

治療・検査項目

治療
  • ・不妊治療(女性不妊)
  • →タイミング法、人工授精、体外受精・顕微授精
検査
  • ・感染症(B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒)検査
  • ・エストロゲン(体外受精のための血中ホルモン値検査)
  • ・プロゲステロン(体外受精のための血中ホルモン値検査)
  • ・黄体化ホルモン(体外受精のための血中ホルモン値検査)

費用

治療・検査 金額 保険適用
感染症検査 12,780円~ ×
エストロゲン 7,740円 ×
プロゲステロン 7,140円 ×
黄体化ホルモン 6,340円 ×
人工授精 8,400円~ ×
体外受精・顕微授精 要問い合せ ×

所属している名医

竹下 俊行 医師

女性診療科・産科部長を務める竹下医師は、1981年に日本医科大学を卒業。同年、産婦人科教室に入局し、医局長・講師を歴任しています。1989~1992年には米国国立衛生研究所(NIH)への留学経験も。過去には、子どもがほしいと思っている女性に向けた特別セミナーで講演を行った経験もあり、女性が抱える身体的不安要素の改善に努めている医師です。女性診療科・産科では「生殖医療部門」「周産期部門」「婦人科腫瘍部門」の3つを設け、産婦人科に関係する全領域をカバー。高い専門性を持たせるように診療や研究、教育活動に力を入れているそうです。

経歴

1981年 日本医科大学卒業
1981年 産婦人科教室入局 以後、医局長、講師を歴任
1989年 米国NIH留学
1998年 日本医科大学産婦人科 主任教授

口コミ・評判

女性・30代

待ち時間が苦にならない、居心地のよい環境

広々としたきれいな病院です。診察受付から採血室・検査室・各診療科…ときちんと導線が整理されていて、目的の場所まで迷うことなく行けます。診療科によっては待ち時間が長くなるところもあるようですが、座るスペースが広いので待っていてもあまり苦に感じません。診療室の近くに電子モニターがあって、だいたいの待ち時間が把握できるのもいいですね。

診察や各検査の対応がとても丁寧

「大学病院なのに」と言うと失礼かもしれませんが、先生や看護師のみなさんは本当に親切な方ばかり。受付や案内、各検査など、どれをとっても文句ナシですね。検査や診察のため何度か通っていますが、誰に対応してもらってもその印象は変わりません。人気なのか、待ち時間は多少ありますね。ですが、引き続きこちらで診てもらいたい気持ちは変わりません。

女性

基本情報

学校法人 日本医科大学付属病院

学校法人 日本医科大学付属病院

住所 〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
電話 03-3822-2131
公式サイト https://www.nms.ac.jp/hosp.html
休診日 日・祝祭日・年末年始
設備 待合室、診察室、ほか要問い合せ

診療時間

時間 / 曜日
8:00~11:00 × ×
11:30~15:00
※土曜は11:30~14:00まで
× ×

アクセス

大きな地図で見る

東大前駅下車(地下鉄南北線)2番出口より徒歩5分

Pick Up 目的別不妊治療 おすすめ病院はこちら
その他不妊治療を扱うクリニック一覧
東京
大阪
名古屋
福岡
北海道
仙台
沖縄
千葉