不妊治療の病院を比べてみました!不妊治療の病院を比べてみました!

帝京大学医学部附属病院一般不妊治療

学校法人帝京大学 帝京大学医学部附属病院

不妊治療のほかにもがん治療や救急に力を入れています

最新の医療設備と医療機器を使用して、質の高い医療技術を提供している帝京大学医学部附属病院。知識と技術だけでなく、人間性にも重きを置いています。患者さんに接するときの姿勢をきちんと指導しているそう。「安心して頂ける高度で質の高い医療を提供する」という方針で治療に取り組んでいます。不妊治療は、不妊外来・不妊カウンセリング外来・男性不妊外来と分かれているのが特徴です。

帝京大学医学部附属病院の特徴

  • 1

    男性不妊外来を設けており男性不妊症にも対応

    不妊カウンセリング外来で検査やどんな治療ができるのかを説明してもらえます。

    不妊の原因を解明して必要最小限の治療で、妊娠できるように取り組んでいる帝京大学医学部附属病院。卵管が詰まっていたり、狭くなったりする卵管性不妊症の方には、体外受精以外にも腹腔鏡・卵管鏡下卵管形成術(FT)が受けられます。男性不妊外来があり、男性の不妊治療にも力を入れている帝京大学医学部附属病院。男性不妊の診断に必要な検査はほとんど受けられるようです。治療は漢方・抗酸化療法・内分泌療法を中心とした「内科的治療」と顕微鏡を使用する「顕微鏡下手術」。不妊外来や男性不妊外来のほかにも不妊カウンセリング外来があり、完全予約制になっています。

治療・検査項目

治療
  • ・不妊外来(詳細なし)
検査
  • ・不妊カウンセリングにて検査・治療を決定

費用

費用の詳細についてはクリニックに直接お問い合わせください。

口コミ・評判

女性・20代

話を丁寧に聞き出して的確な指示をくれます

妊活を始めて1年以上たっても妊娠できなかったため、家から近く評判も良かったこちらの病院に通院。先生は私が不安に思っていることを一つひとつ丁寧に聞き、的確な指示をくれました。看護師さんの知識も豊富で頼りになりましたよ。とても親身で、結果が出なかったときには励ましてくれました。予約をしていないと2時間くらいは待ちます。予約をしていても少し待つこともありましたが、診察が丁寧なので時間がかかるのも仕方ないと思いました。

タイミング療法だけで妊娠できました!

子宮内膜症が再発してしまい、自然妊娠する可能性が低いと言われました。妊娠すると症状が改善するという説明を受け、不妊治療をスタート。高温期が短いことや子宮に痛みがあると相談すると、薬剤や注射をうつ時期など、治療の方針をすぐに変えてくれました。タイミング療法だけで妊娠できましたよ。大病院は人が多かったため、待ち時間が長かったです。待ち時間が長いことを看護師さんが毎回謝ってくれたので、優しさを感じました。

女性・20代

女性・30代

先生の人柄が良かったので通っていました

先生はすごく丁寧に話を聞いてくれます。「長いなぁ」とこちらが感じるくらい事細かに質問されました(笑)。その場限りの慰めはせず、的確なアドバイスをくれます。家から少し遠かったけど、先生が好きだったのでこちらの病院に通っていました。

基本情報

学校法人帝京大学 帝京大学医学部附属病院

学校法人帝京大学 帝京大学医学部附属病院

住所 〒173-8606 東京都板橋区加賀2丁目11番1
電話 03-3964-1211
公式サイト http://www.teikyo-hospital.jp/
休診日 日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)・創立記念日(6月29日)
設備 新生児集中治療室(NICU)、母体・胎児集中治療室(MFICU)、分娩室、LDR

診療時間

時間 / 曜日
9:00~17:00
※土曜は12:30まで
× ×

アクセス

大きな地図で見る

十条駅(JR埼京線)より徒歩10分、板橋本町駅(都営地下鉄三田線)より徒歩13分

Pick Up 目的別不妊治療 おすすめ病院はこちら
その他不妊治療を扱うクリニック一覧
東京
大阪
名古屋
福岡
北海道
仙台
沖縄
千葉